スクエアリングサービス/注意事項

テキスト入力する際の注意事項

スクエアリングサービスの画面上でテキスト(文字列)を入力する際の注意事項・制約事項をまとめています。
不適切な入力があった場合には、システムでチェックして自動で除外するか、エラーとして喚起するかしています。
ただし、以下の点については対応していませんので、入力時に注意ください。


  1. 入力文字数にはそれぞれの属性で上限を設定しています。登録時に警告が出たら、文字数を少なくして再度操作を行ってください。
    ※例えば、問い合わせやインシデントの報告では、件名は80文字以内、メッセージは2,000文字でお願いします。
  2. テキストに&、>、< を含む場合には参照表現 &amp;、&gt;、&lt; で置換ください。
  3. テキストに「・・から」を表す波形の全角記号を入力すると、表示の際に文字化けします。 他にも丸囲み文字や(株)のような文字化けする環境依存文字がありますが、それらは使用しないでください。
    ※表示がおかしくなるだけでなく、DBに登録できないなどのエラーが生じる可能性があります。
  4. お名前、所属先は、2文字以上です。「aa」のような単純な繰り返しは拒否されます。 また、あまりにも不適切な入力であると判断される場合には、事務局でアカウントの削除を行いますので、ご了承ください。


問い合わせやインシデントの報告での注意事項

プログラムのエラーは、利用されているPC環境、特にOSやブラウザの種類に依存するものが多くなります。 問い合わせやインシデントの報告では、できましたら、利用者様がお使いのOSや環境の種類(Windows,Linux,iPadなど)、 またブラウザの種類(IE,FireFox,Safari,Chromeなど)の情報の追記をお願いします。